紙・フィルムの計算方法

紙の計算方法

連 量(れんりょう)

ある規定の寸法に仕上げられた洋紙1,000枚のことを1連(1R)と呼びます(板紙は100枚で1ボード連・1BR)。連量とは1連あたりの紙の重量で、単位はkgで表示します。

坪 量(つぼりょう)

洋紙及び板紙の1㎡あたりの紙1枚の重量のことで、「g/㎡」で表示します。米坪(べいつぼ)などと呼ぶこともあります。

洋紙(1,000枚=1R) 板紙(100枚=1BR)
連 量
(kg)
米坪
(g/㎡)

洋紙・板紙の寸法および面積

日本標準規格紙の仕上寸法

番号 A列 B列
0 1189×841 1456×1030
1 841×594 1030×728
2 594×420 728×515
3 420×297 515×364
4 297×210 364×257
5 210×148 257×182
6 148×105 182×128
7 105×74 128×91
8 74×52 91×64
9 52×37 64×45
10 37×26 45×32
11 26×18 32×22
12 18×13 22×16

洋紙の部

名称 寸法mm 面積m2
四六判 788×1091 0.86
B列本判 765×1085 0.83
A列本判 625×880 0.55
菊判 636×939 0.597
A列小判 608×856 0.52
グラシン判(艶判) 508×762 0.387
グラシン判(倍判) 762×1016 0.774
ハトロン判 900×1200 1.08
新聞用紙 813×546 0.444
B/4判 257×364 0.0935

板紙の部

名称 寸法cm 面積m2
L判 80×110 0.88
M判 75×100 0.75
K判 64×94 0.6016
特K判 65×95 0.6175
カッター判 61×97 0.592
ブラウス判 56×95 0.532
オープン判 56×64 0.358

紙の品種分類表

紙の品種分類表(PDF:216KB)

フィルムの計算基準

重量=比重×《巾(㎜)/1000》×巻M数×《厚(μ)/1000》

比重

OPP・CPP LLDPE PET ONY
0.91 0.92 1.4 1.15
  • ただし紙管等の重量は含まれていません。

巻取に関する算式

  1. 所定の芯棒に所定の米坪量の紙を、所定の長さ巻いた場合の巻取の総重量を知る方法。
    1. (sw × L) / 1000 + CW = RW
  2. 所定の芯棒に所定の厚さの紙を、所定の長さ巻いた場合の巻取の外径を知る方法。
    1. D = √【(4tL / π)d2
  3. 所定の芯棒に巻いた所定の米坪量の巻取から、その巻込みの全長を知る方法。
    1. L = 【RW – CW(W)】 / sw × 1000
  4. 所定の芯棒に巻いた所定の紙厚の紙の巻取から、その巻込みの全長を知る方法。
    1. (所定の芯棒に所定の紙厚の紙を所定の巻取の外径にするには、その巻込みの全長は如何にするか。)
      L = π【(D2 - d2)】 / 4t

RW: 巻取の実重量(kg)
CW: 芯棒・ワンプ等叱装用具の重量
W: 巻取りの紙の実重量(RW-CW)(kg)
w: 巻取の巾(m)
s: 1平米あたりの重量(g/m2
D: 巻取の外径(m)
d: 芯棒の直径(m)
t: 紙厚(m)
L: 巻込み全長(m)
π: 3.1416

お問い合わせ
当社へのお問い合わせや製品に関するご質問は、メールフォームにて随時承っております。お気軽にお問い合わせください。