採用情報 新生紙パルプ商事とは?

私たちのビジネス

「紙・フィルム×付加価値」で新たな価値を創造する

本や雑誌、お菓子の箱、宅配に使われる段ボール、おにぎりやパンの袋…
私たちのくらしのなかで、様々な用途に姿を変え、生活を豊かにしてくれる素材、「紙」と「フィルム」。
新生紙パルプ商事は、その「紙」と「フィルム」をメインに取り扱う、「紙とフィルムの総合商社」です。

私たちのビジネスは、メーカーが生産した紙やフィルムを仕入れ、ユーザー(本やカタログを発行する出版社や印刷会社、袋や箱をつくる加工会社など)に販売すること。
流通の一端を担う商社として、メーカーの生産した紙・フィルムを拡販し、お客様に安定供給することはもちろん、「この紙に変えると、もっときれいに印刷できますよ」、「このフィルムなら、さらに賞味期限を延ばすことができますよ」などといった形で、お客様(ユーザー)の抱える課題に対して最適な素材を選んで提案することで、お客様が求める付加価値を実現し、より質の高い商品を世の中に送り出すお手伝いをしています。

メーカーとユーザーを結ぶ「懸け橋」として、また、メーカー・ユーザー双方の“ものづくり”を支える「縁の下の力持ち」として。様々な役割を果たしながら価値を生み出すことができるのが、商社ならではのやりがいと面白さです。

図:流通経路

会社概要

本社所在地 東京都千代田区神田錦町1丁目8番地
創業 明治22年(1889年)11月3日
設立 大正7年(1918年)3月14日
資本金 32億2,800万円
従業員数 590名(平成31年(2019年) 3月31日現在)
売上高 2,553億3,600万円(平成31年(2019年)3月期)
主な事業内容
  • 紙、化成品(フィルム)などの販売および加工、紙加工品の販売
  • 紙加工用機械、印刷用機械、包装用機器、事務用機器などの販売
  • 包装資材、印刷製本資材、建築用資材、製紙用資材の販売
  • 不動産事業(土地・建物の売買、賃貸、駐車場業など)
  • 倉庫業および自動車運送取扱事業
  • 自然エネルギーなどを利用した発電および電気の供給、販売
国内拠点 本社・東京本店・大阪支店・名古屋支店・九州支店(福岡)・札幌支店・仙台支店・富山支店
海外拠点 上海・北京・広州・台湾・バンコク・メルボルン・クアラルンプール・ロサンゼルス